スクール選びで失敗しないためにカリキュラムを把握しよう

スクールによって、取り入れられているカリキュラムは様々であると言えます。

 

基本的にフリートークのみのレッスンとなっているスクールや、TOEICコースや発音矯正コースといったように数十種類のカリキュラムを取り入れているスクールもあります。

 

自分がどんな英会話を学びたいのかしっかりと把握し、その英会話に応じたカリキュラムを取り入れたスクールを選ぶことで、失敗する確率は低くなると言えるでしょう。

資格試験の対策をしたいならば

資格試験の対策をしたいという方は、TOEIC対策コースやTOEFL対策コースを取り入れているスクールに入会しましょう。

 

その学習方法はオリジナルテキストを使用したり、市販のテキストを使用したりと、スクールによって大きく変わります。

 

しかし、どのスクールであっても資格試験のスコアを上げるためにレッスンをしていくので、定期的に続けることで、スコアアップを期待することができるでしょう。

 

中には実際のテストに似せて作った模擬試験を取り入れているスクールもあります。

 

模擬試験によって、自分のスコアをある程度把握することができるので、非常に有効です。

特殊なカリキュラムを利用しよう

スカイプ英会話の中には、特定のスクールにしか取り入れられていないカリキュラムがあります。

 

それは、カランメソッドやDMEメソッドといった学習方法です。

 

スカイプ英会話全体で見ると、この2つのカリキュラムを取り入れているスクールは非常に少ないですが、どちらも短期間で英語脳を作ることができる有効な学習方法ですので、試す価値は大いにあります。

 

ただし、カランメソッドとDMEメソッドは、講師と生徒間で高速のやり取りが行われるので、あまり英語を話すことができない初心者の方には厳しいかもしれません。

 

どちらかと言うとDMEメソッドは、テキストを用いて難易度がゆっくりと上がっていく傾向にあるので、初心者の方には向いていると言えるでしょう。

 

しかし、頭をフル回転させ、反射的に英語を喋るというハードなレッスンとなっているので、それなりの覚悟は必要です。

 

更なる英語力アップのためにチャレンジしてみても良いでしょう。


ページトップへ