英語が聞き取れない原因と対策について

ここでは、英語が聞き取れない原因と対策について説明していきます。

 

どうすれば正確に英語を聞き取ることができるようになるのか、しっかりと理解しましょう。

英語の音に慣れていない

英語が聞き取れない原因として一番多いのは、英語の音に慣れていないということが考えられます。

 

つまり、リスニングの量が足りないということです。

 

しっかりと英語リスニングの学習をしていなければ、英語を上手く聞き取ることは不可能であると言えるでしょう。

 

これは、練習量を増やすことで対策することができます。

 

日本で普通に生活をしているだけでは英語に触れることはできないので、英語リスニングの教材やスカイプ英会話を利用して、英語を聞くという習慣を付けるようにしましょう。

 

英語に触れている時間を増やせば増やすほど、英語を聞き取れるようになると言えます。

英語を日本語で理解するクセが付いている

英語を日本語で理解するクセが付いていることで、上手く英語を聞き取ることができないのです。

 

つまり、英語を聞き取れないと悩んでいる方の多くは、英語を後ろから訳していく返り読みをしてしまっている可能性があります。

 

この返り読みは日本人が英語を理解しやすくするために作られた読解法なのですが、これは英語本来の考え方を身に付けることができません。

 

いちいち日本語に置き換えなければ英語を理解することができないので、時間がかかってしまい、スピードに付いていけない可能性があります。

 

結果として、英語を聞き取ることができなくなってしまうのです。

 

そのため、普段から英語をそのままの語順で理解する能力を身に付けることが必要であると言えます。

 

つまり、英語を英語のまま考える英語脳を身に付けることが必要不可欠です。

 

ただし、英語脳を身に付けるには独学では困難であると言えるでしょう。

 

そこで、リスニング力を鍛える教材やスカイプ英会話で、英語を聞き取ることを意識して学習してみてください。

 

普段から意識して学習していくことで、返り読みのクセを直すことができるでしょう。


ページトップへ